ブログトップ

Malicosmos ―高橋真理子の小宇宙

malicosmos.exblog.jp

「つなぐ」「つくる」「つたえる」「とどける」 これが自分の仕事のキーワード

みんなつながっている~星と音楽と私たち~

作曲家・ピアニストの小林真人さん、パーカッショニストの山本晶子さん、私との3人で、
音楽、星や宇宙、そして私たちをつなぐ「コラボレライブ」を行っている。
先日、山梨県の北都留という地域の先生方が一気に集まる研修会、上野原の「もみじホール」で
そのライブをやらせていただいた。
下のほうに掲載した、いただいた感想の数々のように、自分でいうのもなんだけど超感動ライブ。
講演会でもない、コンサートでもない、宇宙と音楽のコラボレライブ。 体験していただけると
すごく喜んでいただけるのだけど、体験しないとうまく説明ができない。。。 
せめて・・その流れを記録に。 (ビデオは、私の失態により、最初のほんの一部しか録画できず。。
超残念・・ 下記アップされたものも、途中で切れてしまっているものもあります)

1. ♪明日を信じて (合唱)
小学校6年生の音楽の教科書に採用された「明日を信じて」。
サビのフレーズは、
みんな、みんなつながっている
私が生まれてきたことも、
みんな、みんなつながっている
あなたが生まれてきたことも
今を大切に生きよう 
明日を信じて


※この日は、猿橋小の先生たちがステージにあがり、素晴らしい歌声を披露してくださいました。
天野校長先生、すごくすかれているんだ~というのがひしひし伝わる歌声でした。


2.つながっているってなんだろう (お話)
私がたった一人生まれるために、必要だった人間の数は・・ 


そしてその一番最初の人間が生まれてくるためにも、38億年の歴史が。
私たちは自然のすべてとつながっています。
そんなことを感じさせる一曲を。

3.♪薫風 (音楽&写真)
八ヶ岳の自然から生まれたこの音楽、山梨の山、森、生き物、空、の映像を
堪能しながら。 (photo by K. Atobe)

4.今夜の空 (♪勿忘草 & 語り &ユニビュー映像)
世界のすべての色がとけこむ夕暮れの空から、星空へ
天の川、星座・・ 星座は88個、ピアノの鍵盤は88

5.星をみて何を想う (語り & 音楽 &詩)
これまでさまざまな企画を通して、書いていただいた小中学生の「詩」を紹介。
たとえばこんなふうに・・・



真人さんには、即興で「星をみあげる想い」を音に。

6.地球 (語り & ♪流れる雲をながめていた & ユニビュー映像)
ゆっくりと離陸し、地球を外からみる。 70億の人間、3000万種という多様な生命、
みんなここに生きている。
そのいのちを守るものは? 薄い大気の存在、そして磁気圏の存在。
c0059080_435018.jpg

(c) UNIVIEW/SCISS

7.オーロラストーリー (♪オーロラストーリー & オーロラ映像)
今日の3人をつないでくれたのもプラネタリウム番組「オーロラストーリー~星野道夫・宙との対話」
今回のオーロラ映像は、西谷さん(イーハトーブ)によるもの。>special thanks!!
オーロラストーリーの音楽はこちらできいてみてください
(2010年、プラネタリウムでのコンサートでの演奏)


8. 地球から太陽系、星の誕生 (♪玉響 & 語り & ユニビュー映像)
地球の仲間を見る。そこに、水はあるのだろうか? 生命はあるのだろうか? 
そもそも太陽系はどうやって生まれてきたのか?


9. さらに深い宇宙へ (♪希望の光 & 語り & 宇宙映像)
太陽系も、広い宇宙からみればほんの1点。 私たちのすみかである銀河系の大きさは
差し渡し10万光年。 私たちはこのすみかを内側かららみて、天の川を知る。
だから、天の川を失ってはいけない・・
そして、この銀河系でさえも、宇宙の中では、数千億の銀河の一つ。 宇宙は大いなる、
まだ知らぬ力で満たされている。 私たちは、みんなみえないものでつながっている。

希望の光の音楽はこちらから。(これもプラネタリウムでの演奏)


最後は、壮大な宇宙から地球に向けて帰り、再び星空をみる。
数千億の銀河の中の、たった一つの私たちの銀河系。
その中の数千億の星の中の、たった一つの私たちの太陽。
その太陽のまわりをまわる惑星の中の、唯一のいのちの星・地球。
その地球にうまれ、たった今、誰かと星を見ることができる。
これは、ほんとうに 奇跡 ですね。

10. ♪明日を信じて 全員合唱
最初に聞いた・歌ったときと、おそらく「みんなつながっている」の言葉にこめられる想いが
違うはず。 今日の体験を体にしみこませ、振り返り、みんなで喜びをともに。


-----
今回は、
映像設備も音響設備も完備した素晴らしいホール、最高級のピアノの生音が非常に美しく、
暗い中での映像もばっちり、マイクの音もよく、これほどまでに気持ちいいことはなかった。

これに呼んでくださった天野先生からは、翌日
「大変な評判で、うちの学校でも子どもたちに見せたい、という声が続々と届いています。今後、本気で考えてくれた学校から高橋さんのところに連絡が行くと思います。今年の1月18日、私が猿橋小の体育館で得た感動は間違いなく北都留の教職員にも届きました。
先生が心ふるわせて、それが子どもにも伝わって、一人でも多くの子どもたちが宇宙や地球、そして自然とか自分自身について思索を巡らせてくれたならいいなあと思います。」と。
そして、先生方からの感想が送られてきた。 ほんの一部の紹介。

・音楽と星をこのようにコラボさせて、私たちのつながりを表してくださったライブ、感動の一言につきます。様々な場所でこれを広げていってくださることを願います。直感の世界、明日を信じて生きること、素敵です。
・今日あらためて「星」「空」の力を知りました。
・美しい星と音楽、やさしい語り・・とても素晴らしい時間をすごしました。3人の方の、今の道を志すきっかけとなった話も印象的でした。
・星と音楽は誰もが身近に感じることができる。それらを通して人とつながることができる。ことが心に残りました。
・「つながり」を強く感じる機会になりました。私も、今、生きている人とのつながりは日々感じていましたが、今回はさらに「世代を越えて」のつながりというところに、無限のすごさを感じました。
・ピアノと打楽器とやさしい語りで、久しぶりに全身リラックスさせていただきました。この大きな宇宙の1点で本当に生かされていることおを心から感じました。
・音楽と美しい映像がとてもマッチしていて素晴らしかったです。高橋さんの語りにぐいぐいひきこまれていきました。地球からどんどんひいて、太陽系、銀河系、そしてそれより大きなところにきたとき、「今私が悩んでいることなんてちっぽけなことかも」と気が晴れました。
・なんとなく自分がちっぽけな存在に思われてきました。それはどうでもよいということではなく、大きなものに生かされているということです。力を抜いて生きていきたい。
・生の演奏と迫力の映像にともなって、高橋さんのやさしい語りにひきこまれました。素晴らしい時間をありがとうございました。
・言葉にならない、突き上げる思い、感謝の気持ちがでてきました。この気持ちは何だろう~♪♪
本来もつ、本能的な気持ちかも。
・はじめの会の天野会長のお話にあったように、科学は科学で終わらず、芸術は芸術で終わらず、思想は思想のみで存在しない、と思いました。
・何かを目指している人、求めている人は、お話も素晴らしい。私たちの日々の話(声)は、子どもたちにどう届いているのかな、と反省もしました。 めざすけど、いきごまず、がんばっているけど、おしつけず、自分の心や言葉が子ども達に届くように努力したいです。
・今日帰ったら家族で星をながめたい。
・心が豊かになるというのはどういうことか。自分の家からもたくさん星が見えますが、たしかに毎日の忙しさに追われ、星もみていないように思います。心にゆとりがもてるような生き方をしたいな、と思いました。


まだまだこれから、一人でも多くの方たちへ、求めてくださる方たちへ、星を見るのを忘れてしまった人たちへ、絶望の淵にいる人たちにも・・・届けていきたい。 
[PR]
by malicosmos_meme | 2012-08-22 01:54 | Comments(0)