ブログトップ

Malicosmos ―高橋真理子の小宇宙

malicosmos.exblog.jp

「つなぐ」「つくる」「つたえる」「とどける」 これが自分の仕事のキーワード

2月振り返り+1年間振り返り+4〇年間振り返り?

地球がまた太陽のまわりを1周まわって、一つ年をとった。誕生日。
今夜は大雪予報が出ていて、ひそかにたくさん降ってくれるといいなあ、と
思ったりしている。 私が生まれた朝は、東京が大雪で大騒ぎになった日だそうだ。
だから私の雪好きも仕方のないこと。 今年は29日まであって、とてもお得な感じで、
自分の誕生日を勝手に延長して考える。

2月もまた、あわただしくにぎやかに過ぎつつある。 誕生日が、月末で
年度末にも近いのはいいことだ(笑)。 振り返りにとても適している。
しかし、今回は、この3日間の濃い~「つなぐ人フォーラム」の振り返りも書いて
おきたいし、1か月分もあるし、そしてこの1年も、ほんとはこの42年間も・・。
と果てしがない。

とりあえずこの1ヶ月。

〇星つむぎの村 アルリ舎でのイベント
ライブ!オーロラの古賀さんを呼び、八ヶ岳周辺の方々をはじめ、覚さんや覚さんの
お友達も一緒に、オーロラを堪能してしまった。 せまいアルリ舎が20人以上でいっぱいに。
来年につなげたい!と切望中。 ホンモノやろう、ホンモノ。

〇Memories~ほしにむすばれて 公募締め切り
http://www.memories-yamanashi.com/
短期間の公募だったにも関わらず、全国より789作品が集まる。感謝感激・・
その中身も素晴らしい・・。 番組は、基本的に谷川さんの言葉に重ね合わせる
ようにしていくつくりになるため、使わせてもらえる詩は、ほんとにわずかに
なってしまうけど・・ それとは別に詩集つくりたいぐらい。 なんとかしたいなあ、と。
とりあえずは、番組! その後、すごい勢いで何度もたくさんの詩をよみながら
シナリオを「編んで」いく。 ほんとに今回は「編み」作業。
3月上旬には、発表します! 乞うご期待。

〇大学生のレポート
プラネのシナリオか、上記memoriesの詩か、の選択性のレポートにしたら
詩のほうが圧倒的に多かった・・ 当たり前か(汗)。 
でも中には、両方出す熱心な学生もいるし、短い詩の中にも、今回の講義で
印象に残ったことがちゃんと組み込まれている学生も多く。 番組に選ばれ
そうなのもあるし! 
最後の授業で行う「学生評価」のマークシートには、2つだけ授業ごとの
オプション質問を入れることができ、それに「星を見上げることが増えたか」
「自身の人生に何かしらの影響を与えるような(予感含む)ことがあったか」
の2つを聞いた。 ちょっと結果を楽しみにすることにしよう。

〇笛吹市生涯学習課主催イベント 「星のつながり いのちのつながり ワークショップ」
去年3月下旬に企画していて、震災の影響にて中止になっていたイベントの
リベンジ。 星の語り部メンバーが10名ほど集まり、「星つむぎの歌」「絵本よみきかせ」
(大型紙芝居つき)、星博士のクイズ!、移動プラネ、工作3種(早見盤、惑星モビール、
地球ごま)、最後は宇宙旅行、となかなか盛りだくさんの2時間。 第一部がそれで
夕方から晴れ渡った空で観望会。 すごい寒かったけど、人工衛星が次々にみられて
ついでに流れ星もみて、もちろん、木星などもいろいろみて。 
主催した生涯学習課のイベントのボランティア?さんたちも、すごく喜んでくれたし、
親子づれもとても熱心で楽しいひと時でした。
語り部ウェブサイトにも近々アップ予定。

〇生誕50周年記念パーティー
星の語り部ゴットファーザー跡部さんの生誕50周年記念パーティーに、およそ30名が集結。
ピアノの小林真人さんと、パーカッションの山本晶子さんも、そして覚さんも。 久々に会う顔も
頼りになる仲間の顔も・・  来られなかった人も心温まるメッセージやプレゼント。そのおかげで
こちらがすっかり温まってしまった。
ところで、真人さんとあっこちゃんによる「希望の光」と宇宙旅行を組み合わせたショウは一つの
定番になりつつあるのだけど、彼らがまた他の人たちと一緒になって、また全然違う味わいの
希望の光をいろいろやっているんだなあ!と。
you tube のこちらこちら 

〇卒業を祝う会
息子の学校でのPTA主催の「卒業を祝う会」。 1年生から6年生まで、各学年でうたってきた
合唱をバックに、写真をはりつけ、その年毎の星や宇宙ニュースから6年間を振り返る
スライドショー。 彼らが生まれた年に、木星と土星はだいぶ接近(ついでに火星も)、それが
再び出会うのは20年後、つまり彼らの成人式の年がふたたび接近の年になる。 そんな
ことをメッセージにして。 そして、2週続けて、真人さん&晶子さんに来ていただくという無茶ぶり・・。
お二人には、入場から合唱から、希望の光から、BGMから・・・ ずっと演奏してもらった。
ほんとにどうもありがとうございます!
このイベントの日の午前中は、学校の全校生徒が集まってやる「6年生を送る会」。
そこで、「将来の夢」をみんなの前で発表するのが、恒例になっているようなのだが
蒼太は、「科学館みたいなところで働いて、子どもたちを喜ばれる仕事がしたいです」と
言ったようである。 自分を振り返れば、それはおそらくドラスティックに変わっていく
のだろうなあ、とも思うけど、今の私にはホッとさせてくれる一言。

〇書くこと
ちょうど今月に、こちらが少し文章を書いたものが2つ発刊。
・童心社「母のひろば」 において、「星を見上げる意味を体と心で」
東洋館出版「理科の教育」において、「社会教育施設がつなぐ学校と社会」
・母のひろば、のほうは、巻頭は、なんと荒井良二さん! 自分の文章に、
みなみが去年学校で描いて、県特選もらった絵(月の上でグーグーグー)を
挿入してもらった。

c0059080_57155.jpg


〇第4回つなぐ人フォーラム
4回目にして、もっともあれこれやったおかげもあって、すごくいい3日間。 
わすれないうちに、ちゃんと記録するぞ~と思っているのだが。
今日、まだこの続きができるかなあ。。

〇誕生日
今年の頭からfacebook登録して、まずはMemoriesの広報のつもりでやりはじめたのだけど
なんかうまい仕組みになっているからか、すごいたくさんの人が「お誕生日おめでとう!」と
いってくれて、ちょっと嬉しい。 
星野道夫の年まであと1年。 彼がなくなったころから、ずっとこの年を意識してきたのかも
しれない。 選び取り、捨てて、新しい第一歩へ、の1年になるように。
詩人の寮美千子さんがメッセージしてくれた「真理子さんが動くとそれだけ世界がすてきな
場所になる」という言葉、ああほんとにそうやって生きられたらいいなあ、とつくづくしみじみ。

c0059080_512496.jpg

by malicosmos_meme | 2012-03-01 05:31